子どもへのコロナワクチン接種に関する調査を求めます

各所で5~11歳への新型コロナワクチン接種が始まりました。3週間の間隔で2回の接種が予定されています。

ファイザー製のワクチンは12歳からが対象とされていましたが、「アメリカ食品医療品局(FDA)」が“接種の利益はリスクを上回る”と結論付けたことにより世界的に対象年齢が広がりました。アメリカでは新型コロナウイルス感染が5~11歳の子どもの死因トップ10に入っているためです。FDAは5歳以上の子どもの接種について、「感染した場合に重篤な症状になる危険性が高い家族を保護することに役立つ」としています。

日本の現在の感染者の症状をみると低年齢児の感染で重篤化する確率は極めて少ない数値が報告されています。

日本においては5~11歳児へのワクチン接種は積極的な「努力義務」ではないことを知っておいてください。

低年齢児のワクチン接種の副反応は、傾向として表明できるデータがありません。また、現状のワクチンはオミクロン株への効果が明確になっていません。

WHOは基礎疾患があるなど、リスクの高い子どもへの接種を推奨しています。

政府に求めます。子どもの感染に関わるデータを分析してください。また、5~11歳のワクチン接種について、その後の経過を調査してください。